同じ学校の音楽サークルで知り合ったAkira(Vo)とTake(G)、Shigeru(G)、Ryu(B)、Yutaka(Ds)が、RIOT、HELLOWEEN、QUEENS RYCHE、STRATOVARIUS、MADISON、FIFTH ANGEL、MARSHALL LAW 等、洋楽メタルのカヴァーを演奏するバンドを結成。ここにAZRAEL の母体が出来上がり、すぐにオリジナル曲も制作し始める。

1997
AZRAELとして初のフルレンス・アルバム「Run For The Night」をリリースする。
インディーCD のプレスなど、まだ現在ほど一般的ではない時期に、宣伝の為バンドはサンプル盤を各地のCD ショップに送り、ウェブサイトを立ち上げ、その甲斐も有ってアルバムは好評を博した。
その後、オリジナルのベーシストのRyu が帰郷のため脱退したが、
Vo:Akira の実兄であるSatoshi(現BURNING EMOTION のG/ Vo)をサポート・ベースに迎え、東京や大阪でのライヴに出演、着実に動員を増やしていった。

1998
ベーシストとしてKentaro(現BLASDEAD)がオーディションを経てバンドに加入、
またこの頃、大阪のライヴで共演したバンドのKey だったTakuya と音楽性で意気投合し、Takuya もAZRAEL に加入。
ここに初期ラインナップが揃う。

1999
その6人のメンバーにて2nd アルバムのレコーディングを開始する。

2000
「King Of The Steely Nation」をリリースする。

2002
3rd アルバムのレコーディングを開始する。

2003
「Sunrise In The Dreamland」をリリースする。
2nd と比べてもアレンジ、音質等全てに於いて前作を凌ぐ仕上がりになっており、曲に関しても、過去の作品に通ずる疾走感溢れるスピード・チューンから、軽快なポップ・ナンバー、壮大なバラードと、タイムレスなメロディーを色々な形で素直に表現しており、メロディック/スピード・メタル・ファンを中心に更なる好評を博した。

2006
G のShigeru、B のKentaro が相次いで脱退したが
それまでAZRAEL のレコーディング・エンジニアを務めていたTacky(G)が加入。
その後、オーディションを経てAoi(B)が加入。

2007
アルバムデビュー10周年記念として、AZRAEL初となるワンマンライブを行った。

2008
その6人のメンバーにて4thアルバムの制作作業を本格始動する。

2010
4枚目のフルレンス・アルバム「Dream On」をリリースする。

2011
東日本大震災チャリティー・アルバム「RISING SUN」に参加する。

2012.7
Tacky(G)とAoi(B)が脱退。

2012.9
ELENDIRAのYASU(B)が加入。

2013.5
ちびらり、DEViのAKKKI(あっきー) (G)が加入。

2013.12 結成20周年記念として、AZRAEL2度目となるワンマンライブを行った。

2014.12 AZRAEL3度目となるワンマンライブを行った。





-Biography-
AZRAEL was united in early ‘90’s by the ex-student mates of University: Take, Akira, Shigeru , Ryu and Yutaka. They were making songs and doing live performances for years, and finally ready and went to the recording for their 1st album in 1996.

In 1997, their 1st album ”RUN FOR THE NIGHT” was out as an indie release (now it is out of press, after 1,200 units sold for 1 year from the release). Then the original bassist left the band and they went on a road in Japan with a support bassist (Akira’s elder brother., Satoshi). In 1998, Kentaro (B / Blasdead) and Takuya (Key) joined the band and came to the final line-up of recent 6 members.

After the tour, they started the recording for their 2nd album as well as looking for a deal and they signed with a label Highways records, now under the umbrella of a major-indie record company in Japan: Tokuma Japan Communications. In 2000, they released their 2nd album “King of the Steely Nation” via Highways/Tokuma Japan. They also provided Japanese metal compilations “Make It Shine Vol.3” (album) and “Make It Shine Vol.4” (video) with some tracks, then did a tour and joined a metal live event at BIG CAT in Osaka, held by one of famous music critics / DJs in Japan: Makoto Captain Wada.

In 2001, they started to write new songs for the forthcoming 3rd album along with live performances and providing a metal compilation album “Second Wave Vol.1”. Then went into the studios for the 3rd album. Their marvelous 3rd album “Sunrise in the Dreamland” was dropped in August 2003 as the masterpiece of the band, and their good-enough music positively keeps being hailed with many critical acclamation for months.

…Go beyond the Gate and Hear the Voice of Fantasia…AZRAEL will rule the future to come!!

 

Produced by AZRAEL. All rights reserved.
Designed by - DEVi Design -


ページトップへ